人気ブログランキング |

ネオ・バロック建築




e0171336_2353412.jpg






e0171336_2373731.jpg





e0171336_2382160.jpg





e0171336_2391953.jpg





e0171336_2393657.jpg






e0171336_23104755.jpg





e0171336_2311554.jpg





e0171336_23115574.jpg





e0171336_23132693.jpg





e0171336_23151562.jpg







愛知県名古屋市東区白壁にある名古屋市の公文書館、名古屋市市政資料館(なごやししせいしりょうかん)
にいってきました。

煉瓦造及び鉄筋コンクリート3階建の洋風建築のこの建物は、煉瓦積みの壁に白い花崗岩の外壁を持ち。屋根小屋組は木造。内部の中央階段室はステンドグラスの窓や漆喰塗り・マーブル塗りによる仕上げが施された「ネオ・バロック様式」を基調とした煉瓦造としては最末期の大規模近代建築であり、現存する控訴院庁舎としては最古のものということもあって1984年5月21日に重要文化財の指定を受け日本全国に8つ建設された控訴院の建物のうち、現存するのは名古屋と札幌のみだそうです。

今日は、たまたまこの近くに行って、ガイドブックを見ていたらこの建物が、のっていたので、立ち寄ってみました。私は、建築物には、あまり興味がわかないのですが、この建物はとっても写欲が沸きました。

たくさんある部屋の中では、一般の方々の絵画などの展示がしてありました。こんなところで、写真の展示会などやったらいいかも?と思って帰ってきました。
by papazukakuteru | 2009-11-23 23:29 | おでかけ

ソラリスと申します。日常のひとコマを気が向くままに更新
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31